仮想通貨取引所 比較ナビ【DMM Bitcoin・Zaif・GMOコインなど】

モナコイン

モナコインの価格推移・チャート

現在の価格

MONA price:

1 MONA = 125.600000 JPY
モナコイン モナコイン(MONA)を購入しようか迷っている方に、モナコイン(MONA)を簡潔にご紹介したいと思います。

そもそもモナコイン(MONA)って何?

日本発の仮想通貨で、もともとは面白い物・良いものに「投げ銭」のような使い方のできる通貨として、掲示板の「2ちゃんねる」で有名なワタナベ氏が作成しました。
余談ですが、モナ―は2chで古くから愛されるアスキーアート(AA)によるキャラクターの一種で、正式名称は「オマエモナー」です。

最近では、秋葉原のパソコンSHOPアークがモナコイン決済に対応したり、2017年冬のコミケ(オタクのビッグイベント!)でモナコインでの支払いを導入する店舗が登場するなど、日本ではかなり実用的な通貨として広まりつつあります。
また、モナコインをツイッターで投げ銭感覚で送金できるtipmona(チップモナ)と呼ばれるシステムが登場するなど、本来の目的でもある”投げ銭”としての機能も実用化してきてます。

モナコイン(MONA)の特長

情報の送り手と受け手が対等な関係で情報を受け渡し合う「P2P(ピアツーピア)方式」であることや、ビットコイン同様管理者の存在しない「非中央集権」であることが挙げられますが、 何よりもモナコインは日本発の暗号通貨であることが最大の特長であると思います。

日本発暗号通貨のメリット

日本発なので、日本語でわかりやすく説明されたサイトがいくつもあり、”仮想通貨関連の情報がさっぱり”な人でも一番理解しやすい仮想通貨と言えます。

モナコインの未来

日本のネット掲示板でごくごく小規模の中で始まったモナコインですが、今や10億ドルを超える市場規模となっており、アメリカの大手仮想通貨取引所BITTREX(ビットレックス)や韓国の大手取引所UPbit等、海外取引所でもモナコインが取り扱われるようになってきたので、今後も市場規模が大きくなると予想されます。

モナコイン購入のタイミングってあるの?

過去にテレビニュース番組「ワールドビジネスサテライト」に取り上げられた時や日本最大の取引所である「bitflyer」がモナーコインの取引を開始した時に価格が上昇したりしたので、日本のニュースや雑誌などでモナ―コインに関する良い情報が取り上げられたらすぐ買うというのも良いかもしれません。

当サイト仮想通貨取引所 比較ナビでは
あなたの購入したい通貨を取り扱っている取引所をカンタン検索いただけます!
是非一度お試しください!

>>仮想通貨取引所 比較ナビTOPページへ